> 買い取りできない軽でも下取りなら引き取ってくれる

新車を買うことが前提の下取りは融通が利きやすい

今どきの軽自動車は走行10万キロなんて余裕で、必要なメンテナンスを普通にやっていれば20万キロでも大丈夫だと言われます。

ですから手軽に購入できる中古の軽自動車はとても需要が多く、中古車販売店などでは10年ものでも10万キロ以上走行のものでも結構な値段で店頭販売されています。

こんな古い軽自動車でこの値段?」と驚くような中古車が結構店頭に並んでいて良く売れているというのが普通車にはない特徴だと思います。

コンパクトカーなど普通車だと値段がつかないような古い車でも、軽自動車の場合は中古車市場でたくさん流通しています。

それでもさすがに乗りつぶしたようなかなり古い車になれば、いくら軽自動車といえども値段がつかなくなることもあります。

このような車になれば、通常の一括査定サイトを利用して複数の車買取業者から査定をしてもらっても、査定額ゼロで買取不可になってしまいます。

ただし最近では中古車買取専門業者の数も増え業態も多様になったことから、本来なら廃車にしないといけないような車でも海外への輸出や部品取りなどの理由で買取査定額が付く場合があります。

廃車や事故車専門の買取業者もあり、廃車専門の一括査定サイトもあるくらいです。

通常の買取店でゼロといわれたからと言って、すぐに廃車にするのではなく、このようなサイトなどで廃車としての査定を受けてみた方がいいでしょう。

さて、ここまでやってもどうしても値段がつかない場合はどうすればいいのでしょうか。

普通、こうなれば廃車処分にするしか方法がないと思われますが、ディーラーで新しい車に乗り換える場合は、最後の手段として廃車にする前に下取りに出すことを考えて見ましょう。

新車ディーラーでも中古車ディーラーでも、新しい車を購入してもらえるとなれば、通常は廃車にするしかない車でもいくらかの値段がついたり、廃車費用無しで引き取ってくれることがあるかもしれないからです。

一括査定を申し込んでもすべて買取りをも断られたれるような車でも、ディーラーからすると自店から車を購入する顧客なので、それなりの特典をつけないといけないというという心理が背景になっているのだと思います。

1万円でも2万円でも値段がつけば万々歳、仮に値段がつかず引き取るだけでも廃車にしないといけない車を無料で引き取ってもらうことによって廃車料金の負担を減らすことが出来ます。

を特典とすることができるというわけですが、その場合は本来受けることができるはずだった特典を受けられなくなる場合があります。

ただし、本来なら買取不可と言われた車を引き取ってくれるかというのは、特に中古車ディーラーの場合それぞれの業者によって事情が違ってきますので、どうしても下取りとして引き取ることはむずかしい場合もあるかもしれません。

どうせ駄目もとなのですから、下取りでも出すことが出来ない場合は、素直に新しい車を購入するディーラーに廃車処分をお願いして廃車の手続きを進めて行けばいいでしょう。

こうすれば解体業者に持ち込む手間だけでも省くことが出来ることになります。

このページの先頭へ