"> 古い軽自動車でも下取りOKになるかもしれない

古い軽自動車でも下取りOKになるかもしれない

中古車市場が活発化したのは中古車買取業者が増えたことや中古車の需要が増えたことが理由として言われています。

そのため新しい車を購入する場合に、これまでお世話になった車を廃車という方法で手放す方法や下取りという方法以外にも、中古車買取業者に依頼するという選択肢が増えました。

でもが、どのような車でも引き取りをしてくれるというわけではありません。

一般的に中古車買取専門業者に車を売るという方法が最も高く売れる方法だと言われています。

でも実際は、ちょうどバックオーダーがある中古車販売店の方が高く売れる場合や、販促キャンペーンなどでディーラー下取りの方が高く売れる場合などもないわけではありません。

更に、車は市場価値の変化が非常に大きく、需要や供給によっても小刻みに金額が変化しますので、どこがいちっばん高く売れるのかは実際に各業者に査定してもらい比較してみないと分かりません。

3年ものなどのまだ比較的新しい車ならどこにでも需要があるものの、それより古くなればなるほど需要も減っていき車の評価額は下がっていくことになります。

軽自動車に限らず、車の価値というのは年式によって大きく変わってくるのですが、、かなり年式の古い車になると需要が無くなり、部品取りで部品と取ったところで使うところが無いという理由から古い車は買取してもらえない場合が多くなってきます。

また、軽自動車にも人気車種、不人気車種というのがあり、不人気車種であればまだ充分走れるのに査定額が付かないということもありえます。

このように、廃車にするほどの状態ではないが買取査定では値段が付かない、つまり車買取店では買い取ってもらえないような軽自動車を手放す時はどうすればいいのでしょうか。

もう車に乗らないのであれば廃車処分にするしかありませんが、新しい車に乗り換えるのであれば、駄目もとでディーラーに下取りの相談をしてみるのがいいでしょう。

新たに購入する車の下取りとして軽自動車を出す場合は、年式がかなり古くなった車でも値段をつけてもらえる場合があるらです。

これは下取りとして車を出すということはその代わりにそこで新しい車を購入すると言うことなので、一種の特典のような形で本来なら廃車でも引き取って金額的な負担を減らしてくれるというものです。

廃車処分費用を負担することを考えたら、1万円でも2万円でも上出来だと思います。

事情があって新車の方の値引きがしにくい場合は、値引き代わりに下取り額をもっと上乗せしてくれることもあるかもしれません。

どうせ駄目もとだったのですから、この方法でも引き取ってもらえなかったら、あとはそのディーラーに廃車処分を依頼するしかありません。

古い軽自動車の処分に困ったら、これらのことを参考に、最後まであきらめずにがんばってみてください。

このページの先頭へ