"> 修復歴のある車を下取りに出す

修復歴のある車を下取りに出す

そもそも、事故歴や修復歴というのはどういう状態のことを言うのか疑問に思う人もいるかもしれません。

いわゆる事故車というのは正確には「修復歴車」といい、事故により車の骨格部分の損傷がありそれを修理した車のことを言います。

つまり、修復歴というのは過去に自動車事故を起こしている車のことで車の骨組みの部分の修理をした車が修復歴のある車と言われます。

事故にあっても、ボディーがへこんだだけとかのように外装や内装に傷が付きその修理だけで済んだ場合は修復歴のある車とは言いません。

中古車販売店で展示車を見て回ると、それぞれの車に修復歴の有無を書かれていることが分かります。

そして、修復歴のある中古車の場合は、年式や走行距離からみて価格がかなり安くなっていることに気付くと思います。

修復歴のある車だと販売価格が極端に低くなるのが通常であり、年式が新しい車であってもほぼ無料同然の金額で売られていることがあります。

修復歴のある車がなぜ安価で取引されているかというと、車のフレーム部分つまり幹である骨格に傷が付いたということで、いくら直したとは言っても今後走っているうちに骨格部分が壊れてしまう可能性はゼロではなく、そうしたリスクなどが考慮されて安価で販売されています。

また、フレームを矯正しても車の直進性などに問題がの頃場合もあるといわれています。

さて、このような骨格部分まで傷んでしまった車の処分ですが、事故直後に現状で引き渡すのであれば事故車専門に買取を行っている業者に査定売却するという方法があります。

事故車とはいえ、パーツ取り用やくず鉄用としての価値があるので、依頼をすれば査定・買取をしてくれます。

この場合は、事故車専用の一括査定を利用すれば多くの業者に網がかけられるので便利です。

一方、事故後に修理をして長く乗り続けた場合はどうでしょうか。

修復歴車は年式が新しい車でもただ同然のような値段しか付かないといいましたが、年式が古くなればなおのこと査定・買取はむずかしくなります。

そのため、修復歴がある車の場合は買取りしてくれる業者もほとんど居らず廃車という形で手放すことになる場合が多いのです。

でも、新車乗り換えの場合は話がちょっと違ってきます。

普通なら廃車処分しかないような古い車でも新しい車の下取りなら引き取ってもらえる場合があるように、修復歴車の場合も下取りで引き取ってもらえる可能性があるかもしれません。

次の車を購入する新車ディーラーなら、新車購入の顧客への特典の様な形で修復歴車でも下取りをしてくれる場合もあるようです。

どうせ車買取店では値段の付かない、廃車にするしかない車なのです。

値段なんて関係なく、引き取ってもらえるだけでもありがたい話です。

新しい車に乗り換える場合は、古くなった修復歴車で値段が付かないからといってすぐに廃車処分にする必要はありません。

新車ディーラーでも、中古車ディーラーでも、車を購入するディーラーに下取りに出せないものかとまずは相談を持ちかけてみましょう。

情報もなしに自分の考えだけで判断するのはよくありません。車を購入するあなたはディーラーにとって大切な顧客ですから、最大限の便宜を図ってくれると思いますよ。

このページの先頭へ