下取りでも交渉によって満足が得られる

このサイトもそのように主張しているのですが、車を売る場合に下取りとして売ると買取の場合よりも損をするという話をネットなどで眼にすることが多くなったと思います。

買い取った車を業者オークションに出品するというビジネスモデルの車買取業者が全国に増加し、オークション相場を背景に下取りでは付けれないような査定額で車の買取りを行うようになりました。

下取査定より10万円高く買い取るなんてのは珍しくもなく、場合によっては数十万円もの差が出る場合もあります。

更に近年、車の一括査定というサービスの利用が増加しており、これによって複数の中古車買取専門業者から査定額を提示してもらい、その中から一番高い査定額を提示した中古車買取専門業者に車を売るということも多くなっています。

かつて中古車を手放すといえばディーラー下取りがほとんどで、中古車市場には下取り車が数多く出回っていたものですが、近年では下取り車が大幅に減少しているといいます。

では、下取りというのは全く存在意義がなくなってしまったのでしょうか。

車買取店や一括査定のことを知らない人だけのための売却手段になってしまったのでしょうか。

いや、決してそんなことはないと思います。

もちろん、下取りとして車を出す場合は、手放す先が新しい車の購入店だと決まっていますので、一括査定を利用して各業者の査定額を比べるという選択肢はなくなります。

基本的に車売却先の競合がなくなり相見積もりもできないので、新しい車を購入する販売店が提示した下取り査定額がすべてになります。

競合がないだけに、査定額はディーラーの査定基準を大きく超えることもなく、下取査定額は買取店の査定額に敵わないというのが相場でしょう。

でも、ディーラー下取りの場合は車買取店による買取にはないメリットがあることもまた事実です。

下取りの場合、査定額は低くても下取りとして車を出したことによって新しい車に対して新しい装備をつけてくれる場合やオプションを付けてくれる場合など、何かしらの付加価値をつけてくれる場合も少なくありません。

そのため、査定額が低いからと言って他の業者に車を売ってしまうのではなくて、新しい車の購入が決まった段階で販売店と相談したり、交渉してみることをおすすめします。

中でもディーラーオプションは各ディーラーの裁量で追加でき利幅も結構大きいといいますので、交渉によっては、下取りの査定額は買取額より10万円安くなったが、ディーラーオプションを15万円分つけることが出来たなどということに持っていけるかもしれません。

また、ディーラーオプションの値引きもディーラーの裁量ですから、たくさん付けたオプションの値引きの総額を見たら、買取店に売却するよりもお得になったというケースも実際に雑誌やネットなどで見かけたりします。

このような判断をするためには、やはり車買取店で査定、買取する場合の相場を知っておく必要がありますね。

相場を知らないと下取りの方がお得なのかどうかもわかりませんし、交渉にあたっての金額の見当もつかないからです。

買取相場が分かっていてこそ、「車買取店では○○万円といわれたけれどもあえて下取りに出すんだ」と言う形でディーラーに恩を着せることも出来ることになります。

このページの先頭へ