ともかくトラブルだけは避けたい時は下取りで

車の売買にはトラブルが結構多くあると言われています。

最近は個人で車を売買する人向けのサポートサイトなどがたくさん出来ていることもあって、自分達で車の売買をするケースが増えていますが、自分達で車の売買をする場合はどちらかが車の売買に対して一定の知識が無いと思わぬトラブルになる場合があります。

また、中古車買取業者に依頼すると安心という人も中にはいると思いますが、中古車買取業者に依頼する場合は個人で売買する場合と違って中古車買取業者側が中古車売買に対しての知識を有していることから、中古車売買の手続きなどが進まないと言ったトラブルは少なくなっていますが、その代わり中古車買取業者が中古車売買において知識の違いから優位な立場になるため、査定額や見積もりを巡るトラブルが多くなっています。

トラブルとまでは行かなくても、廃車として引き取ってもらった車が転売されていて街で見かけたとか、買取額に40万円も上乗せした価格で店頭に並んでいたなどという、詐欺にあったような思いになる嫌なこともあったりします。

また、悪質な場合には、売却契約後に不具合が見つかったから査定額を変更しますと買取店から通告されるというようなひどいトラブルもネットで見かけたりします。

多少高く売却できても、このようなトラブルがあれば満足感も消し飛んでしまいますね。

車買取店で査定売却する時には、口コミなどを確認することにより、このようなトラブルを避けるようにしたいものです。

その点、一括査定サービスを利用すれば、事前に主催者の厳格な審査が行われて選ばれた買取店だけが参加していますので、トラブルになるような業者にめぐり合うことを避けることが出来ます。

さて、下取りの場合ですが、新車の下取りの場合はこういったトラブルの心配はほとんど考えなくていいでしょう。

下取りとして車を出す場合は下取りで車を出す際に新しい車を受けとるというのが一般的ですが、車の販売店からすると車を販売したことによる収入と下取りで車を買取ることによる収入が期待できることもあって、顧客側が不利になるようなことをすることはほとんどありません。

また近年はメーカー側からのディーラーに対する接遇などのチェックも厳しいようで、トラブルどころか、信頼感など顧客の印象を少しでも アップさせるように各ディーラーとも取り組んでいるようです。

これらが下取りで車を出すとトラブルが少ないと言われている理由に繋がっているのですが、下取りで査定される金額も販売店が独自に査定するというよりは一般的な相場を参考に査定額が提示されることが多いため、査定された金額を巡ってのトラブルも少なくなっていることが、下取りのトラブルが少ない理由です。

顧客がどうしても下取り額に納得できない場合は、取引のある買取専門店を紹介してくれて高額査定を実現するという良心的なディーラーまであるようです。

ディーラーにとっては、定期点検、車検、将来の買い替え等々、顧客との付き合いが長くなるため、信頼してもらうことが最も大切なことなのでしょうね。

ということで、車の売却でともかくトラブルは避けたい、嫌な思いをしたくないという点を最優先にするのなら、下取りに出すに限ります。

このページの先頭へ