ともかくトラブルだけは避けたい時は下取りで

新しい車を購入する場合はこれまで乗っていた車を手放して乗り換えの形にあんる場合が多いと思います。

新しい車を購入するためには金銭的な負担がかなりかかりますので、これまで乗ってきた車をできるだけ高く売って、その売却費用により新しい車の購入費用を少しでも小さくしたいと考えるのが普通でしょう。

このように、車を手放す場合にその売却価格を優先的に考える場合、下取りに出すという方法は選択肢としてあまり適したものとはいえなくなります。

下取りで車を出す場合は、新しい車を購入するところと下取りとして車を引き取る業者が同じなので、手間や手続きという面から考えるとメリットはあるものの、買取の競合相手がいないため相見積もりができないというデメリットがあるからです。

はっきり言って、下取査定額は買取店同士の競争になった場合の買取査定額に比べて低くなることが多く、売却価格を最優先で考えている場合はおススメの売却方法ではないのです。

競合がなければ高く売却することが難しいというのは下取りに限ったことではなく、車買取店での売却でも1社の査定だけで競合がなければ、限界近くの高額売却は非常に難しいものとなります。

少しでも車を高く売りたい場合は複数の中古車買取専門業者から査定を受けることがおすすめだと良く言われますが、これによって複数の中古車買取専門業者に買取価格を競争させることが可能になるからなのです。

中古車買取専門業者側としてはできるだけ低価格で買取したいと考えているわけですが、複数社による競争という状況を作られることによってその車を買い取りたい業者としては査定額を他社に負けないように上げざるを得ないのです。

いくら安く買い取りたいといっても、査定額の競争で他社に負ければ買取り自体が実現せず、車を買い取ってナンボという車買取店にとっては不本意なことになってしまいます。

買取りできなければ利益自体が生じません。利益が多少減っても車を買い取れた方がはるかに会社にとっては有益になります。

ですから、高額査定を本気で狙うのであれば、一括査定を利用してできるだけ多くの業者に買取額の競争をしてもらう必要があるのです。

特に、人気車種で中古車相場も高いような車の場合は、下取りにこだわらず数多くの買取店や専門店に網をかけて徹底的に競争してもらうのがいいと思います。

競争が熾烈になればなるほど買取り査定額は高額になります。

競争が大詰めになると、各社とも適正マージンを削りあっての競争になることもあるといいます。

車買い替えなどで今の車を手放す場合でも、こうした査定などの手間はともかくかけたくないというのであれば、査定額が低くても下取りを選ぶことになるでしょうが、上で述べたように価格を優先的に考えるのであれば、下取りで車を出すという選択肢にこだわらず他の方法で車を売ることを検討した方がいいでしょう。

車種によっては車買取店の競争よりもその車種の専門店が最高額を出せるかもしれませんし、場合によってはオークション代行による方法が一番有利になるのかもしれません。

初心者にはむずかしいですが、経験者であればネットオークションが一番有利な値段で売れるのかもしれません。

ともかく、少しでも高く売りたいと言う場合は、視野を広げて様々な方法を検討してみた方がいいでしょう。

このページの先頭へ